シータ360度カメラ

MENU

360度カメラならtheta

シータ
全天球カメラとして高いシェアを占めるリコーシータは、初代シータからシータm15、シータS(シータSC)、シータV、とよりハイスペックな360度カメラへと進化してきました。

シータシリーズは軽量・コンパクトで持ち運びやすく、デザインもおしゃれで人気があります。
シータVでは、動画が4Kに対応、さらにマイクが4方向に搭載され、音も360度撮れるようになりました。
シータS、シータVにはライブストリーミング機能があり、360度動画をライブ配信することができます。
シータSCでは数量限定で初音ミクとコラボしたミクシータというモデルもあります。
このサイトではリコーの360度カメラ、シータシリーズを紹介しています。各シータの特徴や口コミなどを解説していますのでぜひ参考にしてください。

Thetaの各モデル紹介

thetaV

theta_v

  • thetaS(SC)の次機種

  • 4Kの高画質動画

  • 4方向のマイクで音声も360度

  • 内蔵メモリは8GBから19GBに
高画質&内部処理の高速化

動画性能が上がり、転送速度も速くなりました。360度ライブストリーミングが4Kに対応しているので、高画質な映像をリアルタイムで配信できます。。

thetaS

thetaS

  • thetam15の後継機

  • m15から静止画質が大幅アップ

  • 動画も強化され、最大25分撮影可能に

  • 内蔵メモリは4GBから8GBに
レンズとイメージセンサーを一新

イメージセンサーを1/2.3型で1,200万画素のセンサーに性能アップし、レンズはF2.0の新しいものになりました。そのため、thetam15では約600万画素だった出力画素数が約1,400万画素に上がり高画質となりました。

thetaSC

thetaSC

  • thetaSの廉価版

  • thetaS同様の高画質を安価で

  • 動画は最大5分録画可能

  • 4色展開
高画質360度カメラをお安く

SとSCとの主な違いは、動画の記録時間とライブストリーミング機能の有無、HDMI端子有無等で、その他はほぼ同性能です。360度カメラをリーズナブルに楽しみたい方におすすめ。

mikutheta

mikutheta

  • thetaSCの初音ミクモデル

  • ミク仕様のデザイン

  • 「ABITAX」特別ケース

  • シャッター音も初音ミクオリジナル
360度写真にミクと写ろう

専用アプリ『RICOH THETA Type HATSUNE MIKU (通 称:THETA MIKU)』で360度画像に初音ミクを合成・編集できます。なお、合成できるのは静止画のみで、動画には合成できません。

thetam15

thetam15

  • 2代目シータ

  • 動画は最大5分録画可能

  • 内蔵メモリ4GB

  • ホワイト、ピンク、イエロー、ブルーから選べる
360度動画の撮影も

初代シータからサイズはそのまま、360度動画撮影を可能にしてWi-Fi高速化も図ったモデルです。